アナボリックステロイドの副作用と危険性

スポンサーリンク

 筋トレしてる方もそうでない方も「ステロイド」という言葉を聞いたことはありますよね?

今回は、ステロイド(アナボリックステロイド)の副作用と危険性についてのお話です。

 

スポンサーリンク

アナボリックステロイドとは?

俗に言う筋肉増強剤にあたる「アナボリックステロイド」とは、どんなものなんでしょうか?

アナボリックステロイドanabolic steroid)(anabolic androgenic steroidAAS)は、生体の化学反応によって外界より摂取した物質から蛋白質を作り出す作用、すなわち蛋白同化作用を有するステロイドホルモンの総称。多くは男性ホルモン作用も持っている。

『アナボリック』の語源は『構築する』を意味するギリシャ語の『anabolein』で、一般的には単に『ステロイド』と呼ばれるが[1]、糖質コルチコイド成分の『ステロイド』(副腎皮質ホルモンなど)とは異なる。

アナボリックステロイドは筋肉増強剤として使用されることが主で、ドーピング薬物として知られる[2]。短期間での劇的な筋肉増強を実現するとともに、常態で得ることのできる水準を遥かに超えた筋肉成長を促す作用[3]から、運動選手らの間で長年にわたり使用されてきた[4]

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

スポーツ選手やボディビルダーのアナボリックステロイド(男性ホルモンの総称)使用は、よく聞きます。

アナボリックステロイドは、適切な食事と強度の高いトレーニングで筋力増加が見込めることは間違いないです。

 

では、どんな危険性があるんでしょうか?

 

アナボリックステロイドの危険性

アナボリックステロイドを使用してしまうと、どんな危険性があるのか?

 

最も一般的な副作用は、血圧上昇とコルステロール値上昇が多くみられるようです。

 

そして、使用量が増えると肝障害を起こす危険性が高まるとのこと。

国際がん研究機関の査定ではアナボリックステロイドは発癌性の疑いも出ているようです。

 

その他のアナボリックステロイドの副作用

  • 多毛症:顔、乳首の間、背中、肩、大腿の裏、臍下、殿部などといった、体毛が少ない部分への異常な出現。
  • 精神的症状:鬱病的症状、妄想、気分変動の激化、パラノイア、苛立ち。
  • 行動変化:攻撃性や突発的な暴力衝動の発現。
  • 使用者が男性の場合:『女性化』 ― 乳房の女性化、すなわち男性の乳房発育。声の高音化、睾丸の萎縮、無精子症(すなわち精液中の精子の減少)、前立腺の肥大、可逆性の生殖不能症。テストステロンなどの男性ホルモンの体内における自然分泌量が低下するために起こる[8]
  • 使用者が女性の場合:『男性化』 ― 不可逆的な男性化あるいは男性化徴候、胎盤の男性化、声の深化、胸部の矮小化、無月経
  • 使用者の年齢によっては:思春期前期における早期骨端閉鎖。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

海外の女性ボディビルダーの男性化はよく耳にします。

 

男性ホルモンの上昇により、声が低くなったり、体毛が濃くなったりもあるようです。

 

アナボリックステロイドを使用するメリットよりデメリットの方が遥かに大きいと思います。 

使用を考えている方は、ステロイドの正しい使用方法やデメリットを理解した上で使用を考えていかなくてはいけません。

 

 追記:ステロイドの調査に「厚労省」が調査に乗り出しました。

ステロイド使用での健康被害が出ているためだと思われます。このままだと輸入規制の可能性もあるようです。ステロイドの調査関連の記事

まとめ

危険性が高いアナボリックステロイド。

ですが、違法性がまだないのは不思議ではあります。

使用に関しては個人の自由ですが、けしてオススメ出来るものではありません。

アナボリックステロイドの危険性は基礎知識として、世の中に広めるべきことだと思います。

体あっての筋トレですからよく考えていきましょう。

筋肉関連のオススメ記事!

 

短期で痩せようとしている女性がHMBを飲んだ方がいい理由と効果

 

「寒さは脂肪燃焼を助ける」寒い時期に運動すればダイエット効果UP

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました