【筋トレ初心者へ】筋トレで失敗しないための失敗談

スポンサーリンク

筋トレ、ホームトレーニングを5年続けてきた私ですが、今となっては

「はじめからやっておけばよかったな~」など思う事が多々あります。

そんなことをいくつかあげていき、これから始める方もしくは

「まだそれやってない」という方の参考になればと思い紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

筋トレでの私の失敗談

ここでは、筋トレについての失敗談などをお話していきます。

どうぞ気楽にお読みください!

頭でっかちになりすぎた

私もそうでしたが、筋トレを始めるにあたってネットなどで情報を集めませんでしたか?

 

「筋肥大」についてとか「超回復」についてとか・・・・・・・

 

いろいろ情報だけを詰め込んでしまって、ほとんど間違った理解をしてしまう。

後々、筋トレを続けていくことで「あ~、こういうことだったんだ」

と改めて理解することが多かったです。

 

私に足りなかったのは「経験と体感」

 

もちろん、ある程度、筋トレの事を勉強することはいいと思います。

ですが、知識だけ先行してしまうと疑問ばかりが増えてしまいます。

 

「知識は二の次」の方が始めはいいと思います。

骨格筋の構造は覚えておいた方がいいと思います。効かせたい筋繊維の流れている方向が分かっていれば、収縮させる方向などの意識がしやすくなります。

骨格筋の構造と筋収縮のしくみ|筋肉名称を覚えよう!|筋肉名称,筋肉,名前,骨格筋,収縮
骨格筋は筋線維が多数集まってできていて、さらにその中に微細な筋原線維と呼ばれる細胞の存在を確認することができます。筋線維は筋周膜という強靭な結合組織に束ねられて筋束になり、これにより筋肉全体が形作られているのです。

10回3セットを勘違いしていた

初心者に頃、この10回を3セットの呪縛にとらわれていました。

「10回出来る重さ」ではなく「10回できるかな~?」という重さということを理解していませんでした。

 

初心者の方の中には結構勘違いしている人も多いと思います。

 

正しくは、「10回ギリギリできる重さで3セットです。

 

これを知っていたら少しは成長早かったかなと少し思います。

 

自分の限界を知らなかった

「10回を3セット」の呪縛もあったせいか、種目数ばかり増やして

自分の限界を追及しなかったことです。

 

ということは、一つ一つの種目で追い込みきれていないという事

 

ただ、種目数を増やしても限界を知らないと追い込みの感覚も分からないわけです。

 

今思うと、「余力を残した筋トレだったな」と思います。

 

限界値を知ることはセットやメニューの組み方にもつながりますので限界の感覚を感じたことがない方は、自分の限界を知るために一度がむしゃらに回数をこなしてみることをおすすめします。

セット法を理解することで、トレーニングの質や追い込み方、マンネリ防止などの大きなメリットもあります。

合わせて読んで頂くと良いと思います。

筋トレセット法のすべてがわかる!初心者から中級者まで

プロテインを初めから飲めばよかった

「私はまだ早い」なんて思って、プロテインを飲み始めたのは

筋トレを初めて1か月後でした。

 

プロテインとかサプリの役割を考えたらすぐにでも摂った方がいいに決まっているんですけどね!

 

あの頃は、「まだ初心者だから」みたいな恥ずかしさがあって飲んでいませんでした。

 

今思うと勿体ないですね~!

 

栄養を摂ることは、体を作る事には必要不可欠なことなので

早ければ早いほどいいと思います。

まだ飲んでいない方は、早めに飲むことをおすすめします。

プロテインについての記事

404 NOT FOUND | トレーニング道
満ち溢れた毎日へ

 

安いダンベルを買ってしまった

初めに買ったダンベルは、ホームセンターに売っているような安いダンベルでした。

 

重量は10キロ位の中にコンクリートが詰まっているような作りのダンベルです。

 

あれは、使えなかった(笑)

 

まず、重量設定できないダンベルはおすすめできません。

(重さ別に沢山あれば別ですが・・・・)

 

購入しようと思うのであれば20~40キロの可変式ダンベルをおすすめします。

何個も買うものではないですから、1つ使えるものがあればいいと思います。

40キロあれば全身のトレーニングができますからおすすめです。

BIG3にこだわり過ぎた

初心者の頃、「とりあえずBIG3を鍛えとけ」と教えられBIG3中心のメニューをしていました。

私の場合、胸なら大胸筋中部だけとか、背中なら広背筋だけとか、偏った部位だけという具合に。

確かに間違いではないんですが、あまりにも偏ってしまっていたので

思っていた肉体とは違うものに・・・・

肩や腕などは、ほとんどトレーニングしていませんでした・・・・

 

自分が思い描く体に近づくには、どこを優先に鍛えればいいか意識しておいた方が後々調整しやすいと思いました。

 

限られた時間の中で、全部を鍛えるのは難しいので優先順位はあってもいいかと思います。

 

 BIG3とは

ベンチプレス、デットリフト、スクワットのこと
 

筋トレの失敗談を経て今に至ります:まとめ

筋トレ初心者だからこそ、頭が固くなりがちになることもあります。

「頭で考えるより、まず動く」「体感、経験」することが一番の知識になります。

筋トレには今のところ正解はありません。

いろんなトレーニングを試し、模索していくことも筋トレの楽しさですので

柔軟に対応していくことも大切です。

私の失敗談から少しでも教訓を得ることができたなら幸いです!

こちらもオススメ!

山本義徳さんの101理論を実践中!筋トレのやり方を改める
※お好みで音楽を聴きながらお楽しみください!曲: Like Lee 「101理論」実践中のベイトです。山本義徳さんの101理論を実践していくにあたって、筋トレに対しての考え方が大きく変わり始めました。家トレに活かす...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました