マイプロをさらに安く買う方法を紹介!!

デスクワークで起きる症状はデスク筋トレで解消しよう!簡単デスクワーク筋トレ

1日中、デスクワークをしていると「腰」「お尻」が痛くなってきます。

 

 

その症状を放置していると、「ヘルニア」や「慢性的な膝の痛み」、「お尻の黒ずみ」につながる可能性があります。

 

 

 

そうならないために、日頃のデスクワークの中で、少しづつ対処していく必要があります。

 

 

 

今回は、対処方法としまして、デスクワークをしながら筋トレができる「デスク筋トレ」をご紹介します。

 

 

デスクワーク中に感じる症状は血流の悪さが原因

 

 

デスクワークで起きる代表的な体の症状は、

 

  • 腰の痛み
  • 足の冷え
  • お尻の黒ずみ

 

 

日常的に、皆さんが気になる症状は、このような事でしょう。

 

 

 

これらの症状の多くは、「血流の循環の悪化」からくることが多いのです。

 

 

 

長時間デスクワークにより同じ体制をしていると、血流の循環が悪くなり、手足の冷えなどを感じませんか?

 

それだけではなく、代謝も落ち、血液中の糖や中性脂肪がエネルギーとして使われにくくなります。

 

 

 

このような症状が起きやすいデスクワーク業務は、体を動かす仕事の方より、より気を付ける必要があるのです。

 

 

 

かといって、電話対応なのどがあることも多く、なかなか席を立てないのも「デスクワーク」業務です・・・。

 

 

 

そんなデスクワークを生業にしている方向けに、簡単な対策としまして「デスク筋トレ」をご紹介していきます。

 

 

デスクワーク中に簡単にできる筋トレ方法【症状別】

デスク筋トレは、座りながらでも簡単にできるものですので、ちょっとした休憩時間にできます。

 

 

器具もなく出来ますので、是非お試しください。

 

 

足のむくみ予防にふくらはぎの筋トレ「カーフレイズ」

 

「ふくらはぎ」は、“第二の心臓”とも呼ばれるほど、下半身の血液循環には重要な役割を果たしています。

 

 

ふくらはぎの筋トレをすることで、下半身の血液を循環し、足の冷えやむくみ予防にもなります。

 

 

第2の心臓「ふくらはぎ」を鍛え、血行を促進させ、むくみ予防になる

 

 

「カーフレイズ」という筋トレ方法です。

 

 

椅子に座ったままできるカーフレイズ – 足のむくみを解消する簡単メニュー①
やり方
  1. 椅子に座ったまま、膝に両手をあて、体重をかける
  2. ふくらはぎを上下させる
  3. ゆっくり10回くらいを2~3セット繰り返す

 

 

動画では、本を使っていますが、説明の欄の様に自重でも効果はありますので、仕事中にできる可能な方法をチョイスしてください。

 

 

 

足を上げた状態で、2,3秒キープするとより効果的!

 

 

 

太ももの内側を鍛える筋トレ

 

太ももは、太い血管が通っている場所。

 

 

太ももを鍛えることで、下半身の引き締めと血流を良くする効果があります。

 

 

 

紹介する種目は、太ももの内側を特に鍛える方法になります。

 

座りながら脚痩せができる!簡単エクササイズ

 

 

やり方
  1. 椅子に座ったまま、両手の甲を合わせ、太ももではさみます
  2. 手で太ももを開く様に力を入れ、太ももは開かせないように力を入れます
  3. そのまま3秒耐え、力を抜き、もう一度同じ動作を繰り返します
  4. 20回ほど繰り返しましょう

 

 

 

まわりの目を気にすることもなく、バレずにできるのも嬉しいですよね。

 

 

 

腰痛予防に椅子に座ったままできる「足上げ腹筋」

 

腹筋運動は、直接的に腰痛予防になります。

 

 

腰を守る部分の筋肉でもありますし、お腹まわりの「引き締め」のためにも必要な筋肉ですので積極的に鍛えていきましょう。

 

 

 

椅子に座ったままの腹筋運動は簡単で、効果的なものになります。

 

 

座りながら腹筋鍛える☆筋トレ法

 

 

 

やり方
  1. 椅子に座ったまま、足を揃えます
  2. 腹筋に力を入れたまま、足を20回上げ下げします
  3. 2~3セット行いましょう

 

 
 
 
足を下す速度をゆっくり行うと、さらに効果的です!

 

 

 

ちょっとした空き時間に、行える腹筋運動です。

 

 

お腹の引き締め効果もある腹筋運動は、コマメに行っても問題ありません。

 

 

 

「やりすぎ」ということが、あまりないのが特徴の筋肉なので、気づいた時に行ってもいいでしょう。

 

 

お尻の黒ずみ対策は「マッサージ」と「保湿」

 

「お尻の黒ずみ」の原因は、

 

  • 椅子に座る時間が長いため、血流が悪くなった
  • 同じ場所に負荷がかかったため、角質が硬くなる
  • 乾燥していた

 

このような原因で、椅子に接触している部分が黒くなります。

 

 

対処方法は、「マッサージ」と「保湿」。

 

 

 

「椅子に座ったままできるマッサージ」が特に簡単です。

 

ダイソーアイテムで「美尻」に♡お尻の筋肉をほぐしてむくみを改善!
やり方

ゴルフボール、もしくは丸い物をお尻の下に入れ、転がすように動かす

 

 

とても簡単な方法です。

 

血行をできるだけ良くし、保湿クリームなどでしっかり保湿をしあげ、しっかりケアすることで、お尻の黒ずみ対策をすることができます。

 

 

もしも、「もうすでに黒ずみで悩んでいる・・・」 という方は、デリケートゾーン専用の保湿クリームがありますので、ご覧になってみてください。

 

黒ずみにお悩みの方に【ピンキッシュボーテ】

 

 

 

まとめ:デスクワークで起きる症状は「デスク筋トレ」で対策を!

できるだけ、症状が悪化する前に、「デスク筋トレ」をして予防してみましょう。

 

「座りっぱなし6時間」などが当たり前のデスクワークですので、ぜひ、「デスク筋トレ」を参考にしてみてください。

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました