筋トレは美容にもいい!成長ホルモンの分泌でアンチエイジング効果?!

スポンサーリンク

筋トレと美容の関係性が信憑性を増してきました。

なぜ、筋トレをした方がいいと言われているのか?

筋トレをしている女性は、なぜお肌もきれいなのか?気になりませんか?

そんな疑問に答えていきたいと思います!

山本義徳先生の講義で学んだことを、ベースに噛み砕いて紹介できればと思います!

スポンサーリンク

筋トレと美容の関係

「なぜ、筋トレをするとお肌が良くなるのか?」ということから紹介していきます。

それには、筋トレをすると分泌されるものが関係していると言われています!

 

筋トレで成長ホルモンが分泌

この「成長ホルモン」がカギ!

筋トレや運動を行うことによって、体に「酸」が蓄積されてきます。

筋トレをしている方は、経験あると思いますが、筋肉が「焼けるような痛み」を感じたことはありますか?

あの時に、「酸」が発生していると言われています。

「酸」が体に溜まってくると、脳から「成長ホルモン」が分泌されます。

 

この成長ホルモンは、コラーゲンを合成する作用があります。

コラーゲンの働きは、細胞同士をつなぎ合わせるECMという接着剤のようなモノを作ってくれます。

それによって、肉離れなどのケガが起きづらい身体を作ることもできます。

 

成長ホルモンの別の働き

成長ホルモンには、様々な働きがあります!

ここでは、2つのことを紹介します。

  1. コラーゲン合成を高める
  2. 骨や筋肉の成長を促す

成長ホルモンは、骨や筋肉の成長を促す効果があります。

例えば、成長期のお子さんに、成長ホルモンが分泌しやすい筋トレをさせれば、骨の成長を促すことも可能と考えられています。

 

もう1つは、コラーゲン合成を促すことで、爪やお肌の成長を促すことも期待できます。

つまり、アンチエイジング効果を期待できるということになります。

アンチエイジングとは?・・・若返り効果、老化防止効果のこと。

筋トレで、成長ホルモンを多く分泌できれば、アンチエイジング効果を促すことができるということになります。

多くの、アスリートや運動をしている人の肌がきれいな理由は、この効果によるものもあると考えられます。

 

「じゃあ、どんな筋トレ方法がいいの?」と思いますよね?

次は、その方法を紹介していきたいと思います!

 

低重量で高回数のトレーニング方法が最適!

成長ホルモンを分泌させるには、体に「酸」が溜まるような筋トレをすれば良い!ということになります。

その方法は、

【低重量、高回数の筋トレ!】

 

先ほど、「焼けるような痛み」を筋肉に与えれば、「酸」が発生するということを紹介しました。

これを起こしやすいのが、低重量で高回数の筋トレです。

 

それでは、具体的な回数の目安を紹介します。

目安は20回位できる重量で2~3セット

重量は、軽めの物で約20回位できる重量で行いましょう!

セットは2~3セット

インターバルは、2~3分位とりましょう。

1部位につき、3日間は休ませるようにしましょう。

種目は、どの種目でも構いませんので、できる種目を行いましょう。

ちなみに、オススメ種目は、レッグエクステンション、ランジなどがやりやすいかと思います。

 

筋肉に焼けるような痛みが起こる位の回数設定にして下さい!

ランジのやり方↓

ダンベルだけで最強の足トレ!レッグランジのコツを解説
出典:ダンベル種目に取り入れるべき種目の1つに「ランジ」はすごくオススメです!ホームトレーニーにとって、足の筋トレをする場合に、どうしてもぶつかる問題に「重量」が足りないという問題があります。今回は、「ランジ」が重量問題...

コラーゲンサプリ紹介

サプリメントを一緒に摂取することも効果的です。

いくつかオススメのコラーゲンサプリを紹介します。「すべて★4以上」

 

 

 

まとめ

  • 成長ホルモンを分泌させることで、コラーゲン合成を高める
  • 低重量で高回数の筋トレが効果的
  • 成長ホルモンを分泌させ、アンチエイジングを促す

美容にも効果が期待できる筋トレ方法を紹介してきました。

筋トレをしている人は、自分のメニューに1種目でも組み込んでみてください!

きっと新しい発見が待っていますよ!

では、ベイトでした!

スポンサーリンク
ダイエット

ここまで読んで頂き、ありがとうございます!

ポチっとしていただくと励みになります!

これからも、「トレーニング道」をよろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

beitoをフォローする
トレーニング道

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました