カネキン式肩トレメニューを実践してみた結果?!

スポンサーリンク

メロン肩になりたいベイトです。

 

今回は、肩が特徴的な「カネキン」さんの肩トレメニューを実践してみました。

かなりストイックなカネキンさんに憧れている方も多いと思います。

そんなカネキンさんの肩トレメニューを動画を参考にしながら、解説していきたいと思います。

 

カネキンさんは、肩トレを週三回、高重量の日、低重量高レップの日、ストレッチ意識の日と

3回に分けてトレーニングしているそうです!

 

かなりハードな筋トレプランになっていることがわかります!

 

 

それでは、詳しい種目を見ていってみましょう!

スポンサーリンク

カネキン式肩トレメニュー

【筋トレ】ぷろたんさんにカネキン式肩トレをやらせてみた!~立体感のある丸い肩づくり!

カネキンさんの肩トレメニューを部位ごとに紹介していきたいと思います。

動画はぷろたんさんとコラボした時のモノです!

ダンベルショルダープレス(肩の前部狙い)

出典:https://tomboy-live-with-fitness.com/dumbbell-shou…

まず、はじめはダンベルによるショルダープレスです。

  • ウォームアップ
  • 3セット×10~15回
  • インターバル45秒から1分間

ウォームアップを数回行ってからの本番セットです。

インターバルは45秒から1分と短めに設定していました。

重量は重めで3セット×10~15回を行っています。

 

プレートレイズ(ツイスト)(肩の前部)

出典:https://kobablo.com/2017/04/26/front-raise/

続いては、肩の前部を狙ったプレートレイズです。

コツは、プレートの下側を持って下から差し出すように上げてあげる事

とアドバイスしていました。

  • 2セット×10~15回(ツイスト)
  • インターバル45秒から1分間
  • 最後に限界まで1セット(ツイスト無し)

プレートの穴を顔の前に持ってくるぐらいまで上げ、そこからプレートを左右

ツイスト(ひねる)します。

それによって、肩の前部が絞られてさらに刺激を与えるのが目的です。

 

2セット目が終わったら、最後はツイスト無しのプレートレイズを限界まで行います。

限界まで行い、最後の追い込みをかけています。

 

インクラインケーブルサイドレイズ(肩の中部)

出典:https://kintorecamp.com/cable-side-raise/

ケーブルサイドレイズをインクラインベンチに寝ながら行います

カネキンさんがおっしゃるには、「自然な感じでサイドレイズができる」とおっしゃっていました。

上体も固定されて、無駄な力も入らず肩だけに集中できる種目です。

ケーブルによって常に負荷とストレッチがかかる種目になっています!

  • 3セット×20~25回
  • インターバルは45秒から1分間

 

 

ライイングリアレイズ(肩の後部)

出典:https://growup-magazine.jp/rearraise/

ベンチを使ったリアレイズです。

リアがストレッチされるポジションをスタートポジションにして、

そこからダンベルを横にして小指の方から後ろに上げていきます

  • 3セット×15~20回
  • インターバルは45秒から1分間

 

 

カネキンレイズ(肩の前部)

カネキンさんオリジナルレイズです。(やり方は動画内にございます)

ダンベル1つを両手で持ち、フロントレイズをする形です

体の反動を使わずに行います。

  • 2セット×20回
  • インターバルは45秒から1分間
  • 最後に限界まで1セット

肩の前部を立体的にするために考案したそうです。

皆さんも是非試してみてください。

 

 

カネキンさんが使っているサプリ

カネキンさんが使用しているサプリもご紹介します。

 

カーボパウダー

 

 

シトルリンM

EAA

ベータアラニン

 

筋トレ系ユーチューバーのサプリをまとめた記事!

カネキン、ぷろたん、Jin、メトロンブログさんのサプリまとめ
筋トレ系ユーチューバーの「カネキン」「ぷろたん」「jin」「メトロンブログ」さんが紹介していたサプリメントをまとめてみました。 気になった商品があれば詳細なども見れますのでチェックしてみてください!カネキンさんの最新サプリ...

 

山本義徳さんが考案した「マンデルブロトレーニング」の紹介記事!

山本義徳氏が考案した「マンデルブロトレーニング」のやり方を解説!

 

マイプロのEAAレビュー記事!

マイプロテインのEAAはまずいの?実際に飲んでみた結果!?

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました