「筋トレ」を3か月継続できた方法

スポンサーリンク

万年、増量期のベイトです!

 

筋トレを継続できない、ちょっと痩せたらやめてしまうなど

なかなか継続できない方に向けた私が筋トレを継続できてる方法を

お話していきたいと思います。

スポンサーリンク

継続は毎日の積み重ね

結局は「3か月継続した」は結果で

1日、1日の筋トレやダイエットを継続できたか!が大切だと思います。

「チリも積もれば」がまさしく筋トレにぴったりの言葉です。

体の変化がわかるのは1か月

筋トレを継続して、1か月で「自分の体が変わった」と自分でわかる様になる

と言われています。

 

実際、筋トレをやり始めた頃は、1か月目であきらかに筋肉がついてきたと

実感出来ました。

 

まずは、1か月を目標にすると

体のあきらかな変化を実感できて、筋トレの成果がわかるはずです。

 

実際、「筋肉がついてきたな~」と成果が見えないと

継続は難しいです。

とりあえず、1か月継続してみれば必ず成果は見えます。

 

継続して3か月、他人からもわかる位の変化

筋トレを継続して、3か月位

他人からでもわかる位に、筋トレの成果がではじめます。

 

週に3~4回の筋トレのスパンなら、確実に変化していると思います。

特に、筋トレ初心者さんは、3か月間はかなり成長が速いので大きく

変わりやすいはずです。

 

3か月間、諦めないで筋トレを継続できたら

自分で自分を褒めるくらいの変化を感じる事ができます。

 

これは、間違いなく言いきれます!

3か月間、継続したかしないかで

その後の、筋トレのモチベーションが決まります。

 

まずは、大きな目標として3か月間の継続を目指すといいと思います。

 

継続していることによる変化をさがす

とはいえ日々、筋トレやダイエットを黙々と頑張っていると

「本当に効いてんのかな?」「これでいいのかな」なんて思うのは

筋トレを長く継続している人でも思うことです。

 

なぜなら、すぐすぐ結果が目に見えてこないからです。

 

そこで、日々の筋トレで小さな変化を「さがす」あるいは「感じる」事が

できたら、モチベーションのアップにもつながります。

 

筋トレ後のパンプ状態の体は、6か月後の自分

筋トレ後に筋肉が張っている状態を「パンプ」するといいます。

そして、筋トレ後にパンプした状態は6か月後の自分の体というわけです。

 

私が筋トレをはじめて、この話を聞いた時、「うそでしょ」と思いましたが

筋トレはじめて、成長も早いのもあったのか

実感できることができました。

 

これには、モチベーションがかなり上がりましたね。

毎回の筋トレで、未来の自分がみれるのはいい継続のきっかけになります。

 

筋トレ終わりに鏡でチェックする

筋トレ終わりに鏡でチェックすることは、以外と重要です。

実は、ポージングしてみたりする事も意味がある事なんですよ!

 

筋トレで重要なのが、筋肉を意識して動かすこと。

筋肉を動かすには、神経系を発達させなければなりません。

 

もちろん、筋トレを継続していれば

自ずと発達してくるんですが、

ポージングをすることにより、筋肉を意識することの練習にもなります。

 

マッチョさんがよくやる、「胸ぴく」ありますよね?

あれって、胸の筋肉の神経が発達してないとできないですし、

大胸筋の筋トレの時のトレーニングにもなります。

 

大胸筋の筋トレの時、例えばベンチプレスでもフライでもいいですが

あの「胸ぴく」の意識でベンチやフライをするわけです。

大胸筋を絞り上げる感じで。

 

以外と筋トレの「キモ」に直結してくることなんで、

体の変化と一緒に「胸ぴく」などの筋肉の意識の仕方も

練習しておくといいですよ。

継続した自分をほめる

これが1番大切。

日々、筋トレやダイエットを継続している自分をほめること!

なぜなら、一番頑張っているのをわかっているのは自分だからです。

「今日は嫌だな」とか

「めんどくさいな」とか、思う日もあると思います。

 

そんな日でも、がんばって筋トレしたり、ダイエットしたり

周りから見ても、「頑張ってるな~」とか思われているかもしれないけど

本当にがんばっている辛さを知っているのは、自分だけなんです。

 

そんな自分は偉いです。

そう思うべきです。

 

だから、日々の筋トレをやりきったあかつきには、

自分を褒めてやること!

これが、なにより継続に必要なことなのかもしれません。

 

 

筋トレは、体だけではなく、

精神的にも成長できるライフワークだと思います。

そんな、筋トレを継続し、うまくライフワークに

繋げていけたら

今より、より良い自分になれるはずです。

 

では、また。ベイトでした。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました