三頭筋に簡単に効かせるコツはこれだ!簡単な解剖学的アプローチ

スポンサーリンク

三頭筋が四頭になればいいのにと思うベイトです・・・・訳がわからないですね。

 

今回は、「三頭筋に効かせるコツ」を分かり易く解説していきたいと思います。

 

三頭筋は、3つの部位があるから「三頭筋」と呼ばれています。

では、三頭筋がどんな働きをするかはご存知ですか?

ここに「三頭筋に効かせるコツ」が隠されています。

三頭筋の働きを学べば三頭筋に効かせやすくなるということになります。

 

それでは、「三頭筋の働き」を基に、「効かせるコツ」を噛み砕いて解説していきます。

 

スポンサーリンク

三頭筋の構造

出典:https://biyodanshi.com/20180906post-23041/

まず、三頭筋を簡単に説明します。

三頭筋は、

  • 外側頭
  • 内側頭(長頭が被さっているが大きな筋肉)
  • 長頭

の3つの筋肉からできています。

これは、多くの方が知っていることかもしれません。

次は、三頭筋がどんな働きをしているのか解説します。

三頭筋の働きは、肘の伸展、肩の内転、伸展

三頭筋の働きは、肘の伸展(肘を伸ばす)、肩の内転(脇をしめる)、肩の伸展(腕を後ろに引く)ということが言えます。

 

肘の伸展

肘を伸ばす動作

主に外側、内側頭に刺激が入る

出典元

肩の内転

脇をしめる動作

三頭筋がより収縮する

出典元

 

肩の伸展

腕を後ろに引く動き

主に長頭に刺激が入る

出典元

三頭筋は、この3つの動作をした時に、主に使われます。

この動作を理解しておくことで、三頭筋の筋トレの時に、より効かすことができます。

 

肩の伸展で、なぜ長頭を主に使うのか?というと、他の2つとは違い、長頭だけは肩甲骨に繋がっているため肩関節を伸展させることで長頭を収縮させることができます。

 

ここは、1つのポイントですので覚えておきましょう!

 

次は、オススメのダンベル種目別に「具体的に効かすにはどうすればいいのか」を解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

三頭筋に効かすコツとオススメ種目

三頭筋のダンベル種目を中心に「三頭筋に効かせるコツ」を解説していきます。

 

ダンベルキックバック

出典:https://maxbody.jp/1968

ダンベルキックバックは、肩の伸展、肘の伸展を意識することで、三頭筋(特に長頭)に刺激が入ります。

ポイント
  • 肩の伸展を意識する
  • 脇をしめるとより長頭に刺激が入る

ダンベルキックバックは、スタートポジションの時点で、肩の伸展を意識すると三頭筋がストレッチされた感覚になると思います。(さらに脇をしめることで効果が上がる)

そこから、肘を伸ばし、三頭筋を収縮させます。

今、ダンベルを持っていない状態でやってみても、収縮感の違いがわかると思います。

長頭を狙う場合は、肩の伸展」と覚えましょう!

 

 

オーバーヘッド・トライセップス・エクステンション

出典:https://santtie.com/entry/6466

この種目は、三頭筋(主に長頭)のストレッチ種目になります。

ストレッチ種目で、違う刺激を三頭筋に入れることができます。

片腕ごとに行うことで、肘の開きを調整できます。

自分に合ったポジション(一番刺激が入る場所)を探すのがオススメです。

 

三頭筋全部を鍛えられるリバースプッシュアップ

出典:https://smartlog.jp/66355

自重種目になりますが、「リバースプッシュアップ」は肩、肘の伸展がありますので、三頭筋全てに刺激が入る種目です。

「初心者向け」というイメージがあるかもしれませんが、以外に優秀な種目なんです。

 

まとめ
  • 内側、外側頭を狙う場合は、肘の伸展を意識
  • 長頭は、肩の伸展を意識
  • 脇をしめるとより収縮感が得られる

この3つを意識すると三頭筋により効かせられるようになります。

どんな種目でも、解剖学を少し頭に入れておくと効かせ方のヒントが得られます。

是非、参考にしてみてください。

モテたければ腕を鍛えろ!女性が一番気になる体の部位は腕と判明!?
女性に、「一番男性の体で見る場所はどこですか?」というアンケートをSNSでとった結果なんと1位は「腕、肩」が50%、胸が30%、背中が15%、足が5%という結果になりました!半分の女性が、「腕、肩」と答えたのです。「腕、肩...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました